【東京国立博物館】縄文展-1万年の美の鼓動-土偶たちの饗宴を垣間見た

美術館・博物館

東京国立博物館で開催されている「縄文-1万年の美の鼓動展」へ行ってきました。

縄文時代の国宝が一堂に会するとあって、ものすごい混雑ぶりでした。私は、以前よりヒトガタに興味を持っており、原始のエネルギーに満ちた土偶にも、惹かれていました。
そんな写真でしか見たことのなかった土偶たち、しかも国宝が展示されるとあって、ゾクゾクしながら、東京国立博物館へ向かったのでした。

東京国立博物館は、だだっ広い

東京国立博物館は、ご存知の通り、上野にあります。
上野にはたくさんの美術館や博物館がひしめいていますが、東京国立博物館は、上野駅から、かなり奥のほうにあり、歩きます。

そして、縄文展は開催期間の終わりが迫っていることもあり、大変な混雑ぶりでした。
前売り券を持っていなかったのだけど、上野駅構内に当日券を販売する販売所があり、そちらで購入しました。博物館のチケット売り場で購入するよりも、ササっと購入できる可能性が高いです。
混雑している展示のときには、上野駅構内でチケットを買ってしまうと楽かもしれないですね。まあ、一番いいのは、前売り券を買っておくことかな。

東京国立博物館は、ただっ広い!
さまざまな館がある。本館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館などなど・・

縄文展が催されたのは、平成館です。

縄文の輝き・土器&土偶

国宝の土偶&土器。

すばらしかったです。思ったよりも、小さく感じました。
もっと大きくドーン!としたものと思っていました。よく教科書に載っている火焔型土器。思ったよりも小さいのですが、圧倒的なパワーを感じました。

そして、土偶たち。このひとたちは一体なんなのだろう?昔のひとたちの心が知りたい。原始のエネルギーに触れた気がしました。

そのフォルム、造形、存在感・・。

国宝の土偶ではないのですが、みみずく土偶は、土偶の中でも群を抜いて好きです。個人的にはとても惹かれます。対面できて感激しました。

東京国立博物館のミュージアムショップ

縄文展の特設のミュージアムショップがあり、ポストカードを購入しました。ユニークなのは土偶のクッキー型といったグッズでした。
クッキーを焼くか?といったら、う〜ん、焼かんなあと思ったので買わなかったけども、これでクッキー作ったら絶対面白いだろうなあ。

ピンバッジや缶バッジのガシャポンもあり、面白いグッズがたくさんありました。

東京国立博物館のミュージアムショップにも行ってみましたが、大量のポストカードがあり、選ぶのに迷ってしまう。浮世絵のポストカードなどは美しいです。

そして、お菓子も様々なものがあるのだが、東京国立博物館限定の缶で、絵柄がアート作品だったりして、ちょっとしたお土産にもよさそうなものがたくさんありました。

1日中いても見て回れないほどの展示の数々

特別展のチケットがあると、総合文化展を無料で見ることができるのですが、とにかく展示が大量すぎます。とてもじゃないが、1日ですべてをじっくり見て回るのは不可能。
埴輪のコーナーは圧巻。写真を撮るのもOKでした。作品によっては、撮影NGの展示物もあるのですが、その場合はキャプションに表示されています。かなり自由度の高い展示でした、総合文化展。

以前にも、総合文化展は観覧したことがあるのですが、そのときは、スマホなどが普及していなかった頃で、当時、展示物の写真を撮ってよかったかは不明です・・。

麗子像の絵画を観られたのが特によかったです。

そんなこんなで、東京国立博物館はとても1日では見切れない場所でしたが、縄文展で、ずっとみてみたかった土偶に出会えてとても嬉しかったです。

タイトルとURLをコピーしました